0
¥0

現在カート内に商品はございません。

神楽坂ツールズ

『 読むだけでも楽しい造形工具専門ショップ 』

ハンドサンダー 

¥1,080 税込

ビシッと平面、かっちりエッジ
メカとか建築やるなら持ってて損なしですよ

やたらCd値小さそうな、にゅるにゅるした最近のメカは置いときましょう。
そういうのじゃなくて、いかにも鉄板組み上げて作ってます!みたいなやつですよ。
平面であるべきトコがちゃんと真っ平らだと、その角も必然的にカッチリしますからね、シャープさが際立ってかっこよさ倍増です。
メカに限らずフラットサーフェイスで構成されている形状なら、建築模型とかプロダクトモックにも有用ですし、ヴィネットのベースとか額なんかの工作にも便利です。

ハンドサンダー

平面出しをするには、ある程度の大きさが必要なんです。

色々出てますよね、このテの製品。そんな数多ある類似製品の中から決め打ちでこれをお薦めするには理由がございます。
優先順位高い方から列挙するとこんな感じです。

・大きい
・ペーパーの固定がしっかりしてる
・握りやすい
・経済的

平面出しでイラっとされた経験がおありの方、ちょっと響くものがありません?

大きい

なんでか小さい製品が多いんですよね。面を出したいってことは、それなりの面積を均一に加工できるだけのキャパシティが欲しいんですよ。狭小部分の面出しなら平ヤスリ使ったり、小さくちぎったペーパー2つ折りとかにしてヤスってもいいわけですしね。小は大を兼ねないんです。
かといって大きすぎるのもダメ。そこまでの大面積の面出しなら定盤とかガラス板にペーパー丸ごと貼ってその上で加工物をヤスった方がキレイですし。
このハンドサンダーは、一般的な工作にちょうどいい大きさなんです。

広い面はこっちで、狭い面はこっちで使い分けましょう!

ペーパーの固定がしっかりしてる

簡単なコツはありますよ。でも、それさえ把握しちゃえば、多少ムチャしてもズレたりしないくらいがっちり固定できます。
ペーパーをセットし、+側にネジをまわすと金具がペーパーを抉れ部分に挟み込んでいきます。
この高低差でペーパーを締め上げる構造ですが、なんでネジ回す方向を+-で表記してるのかは不明です。
ともあれ、加工途中でペーパーがずるっと脱げて萎えちゃうなんてことはもうありません。

ここをぎゅ~って締め込んで、ペーパーをピンと張るのです

握りやすい

つまり、指先に変な力かけて微妙に切ない体勢で作業をしなくて済むってことです。
角度保持しやすいから、軽く握って軽く磨けるわけですね。
作業の均一性が求められる面出しにおいて、この性能は重要ですよ?
あとですね、重量とそのバランスが絶妙。64gと軽すぎず重すぎずの設定に加え、ペーパー装着時の重心がちょうど親指で保持するあたりにくるんです。
こういう作業のときの親指に課せられた使命を鑑みれば、ナイスとしか言いようのない重心位置ですね。

経済的

1000円弱です。しかもペーパーも無駄にならない仕様です。
一般的な230 × 280mmのペーパーを使うんですが、25mm幅で9枚切り出せます。余りはほとんど出ません。

使用例です

1/48メガサイズモデルガンダムの盾。最近のキットは優秀ですけど、さすがにこんだけデカイと裏のボス・リブの影響が出ちゃってちょびっとヒケてます。Before:このデコボコを消しましょう。320番 ?? 600番 ?? 800番で磨きました。作業時間15分後:ほら、パキッと平面!角もクッキリしました!

派手にデコボコしててもこの一本!

ね?簡単に真っ平ら!「これならプラ板切り出せばいいじゃん?」って突っ込みは無しですよ?
あくまで削り力をご覧いただくためのサンプルなんで。

  • サイズ: 長さ:260mm × 幅:25mm
  • 重さ: 64g

ハンドサンダー

¥1,080 税込
商品コード: HANDSANDER
関連カテゴリ
カートに追加しました。
カートへ進む
TWEET SHARE

カテゴリ一覧